緒方眼科クリニック|蒲田駅近く

東京都大田区、蒲田駅近くの緒方眼科クリニックです。 日帰り白内障手術からコンタクトレンズの処方まで。 目のことはお気軽にご相談ください。

切らない眼瞼下垂手術

当院の眼瞼下垂②

昨日の続きで眼瞼下垂の症例のお写真です。

IMG_6768


















この方は白内障術後から右目が下がったとの訴えで来院されました。

右の瞼が下がり眉が上がっていますね。

術後

IMG_6771

















眉の位置はほぼ同じになりました。

次の症例

ちょっと、とろ~んとした眠い目です。

IMG_6830


















術後

IMG_6849


















可愛らしいパッチリした目になりました。



次の患者さんは眉を挙上してもほぼ瞳孔が隠れてしまっています。

術前

IMG_6602

















術後



IMG_6607


















ご高齢の患者さんですと、あまり大きな変化は好みません。

こちらの患者さんのように重症な下垂ですと両眼皮膚を切開して挙筋腱膜の前転をお勧めしたいのですが、術後のダウンタイムや大体片目20分の局所麻酔でさえ耐えられません。ということもあります。

でも、これだけ下がっていると日常生活のQuality of vision に間違いなく影響していると思います。

そういう方にはこの手術方法をお勧めしています。

これらの術前術後のお写真は全て術直後または翌日のお写真になりますので、ダウンタイムがとても楽な事がお分かりいただけると思います。

瞼が下がって目が疲れる、夕方以降はテレビを見るとき手で瞼を挙げると楽に見える、などの症状がある方はご相談くださいね。




^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今日はハロウィンですね。

この数年ですっかり定着したようですが、渋谷がゴミに溢れてるとか今年は清掃活動も盛んで普段より街がきれいになったとか、話題に事欠かないですね。

娘の学校では手作りのお菓子を持ち寄って友人と頂くそうです。

朝から一緒にチーズケーキを焼いてハロウィンの手ぬぐいでくるみました。

ささやかな私のハロウィンです。

DSC_3229 1















 Happyhalloween 






当院での眼瞼下垂手術①


めっきり朝夕寒さを感じるようになりました。

今日は当院で眼瞼下垂手術をされた方で「写真を出してもいいですよ」と了承してくださったをご紹介いたします。

術前

IMG_6726


















IMG_6840



















術後1か月のお写真です。

二重瞼になりお顔の印象が可愛らしくなりましたが、患者さんに何より喜んで頂いたことは頭痛から解放されたことです。

下垂は頭痛や眼精疲労そして不眠の原因になると言われていましたが、こちらの患者さんはてきめんで診察のたびに鎮痛剤を飲まない日は無かったのに最近はすっかり不要になったと喜んで頂けました。

(もちろん、全ての症例に当てはまるわけではありません。)

次は50代前半の方です。

長期のコンタクトレンズ使用による眼瞼下垂です。

IMG_6892

















おでこの筋肉を使って頑張って開けています。

眼瞼下垂と眼のくぼみが目立ちますね。

IMG_6761


















術後翌日

IMG_6895

















くぼみもぐっと良くなりました。

IMG_6766


















眼瞼下垂は改善し、とても喜んで頂けました。

今日ご紹介しました患者さんは全て保険診療で行っております。

ご相談ご希望の方クリニックまでご連絡ください。副院長が担当しております。

無理に手術をお勧めしたりしませんので、お気軽にご相談ください。
























切らない眼瞼下垂手術について

「切らない眼瞼下垂手術」という手術方法が美容系クリニックで紹介されています。

こちらは、皮膚を切開しないで、瞼の裏側からのアプローチ方法です。

泣いただけでも腫れてしまう瞼にメスを入れるということは、相当腫れることをことを覚悟しなくてはなりません。

どのくらい腫れるかは個人差がありますし、どんな名医がやったにしても麻酔の針が血管にあたり術後内出血することだってあります。

ですのでこの瞼の裏側から手術は、ダウンタイムが圧倒的に少ないというメリットがあります。

今日はその施術例をご覧ください。

術前

左目(向かって右が下がっています。)今回は左眼のみ手術をいたしました。

IMG_6498











術直後

IMG_6503












短い手術時間で皮膚を切らずにここまで改善していますし、翌日もほとんど腫れることはありませんでした。

ご主人様から「ずいぶん可愛くなったなあ」と言われたと笑いながらおっしゃられていました。

とても患者さんに喜んで頂けたのはこのお写真を見て頂けますと一目瞭然だと思いますが、やはり適応やメリットデメリットがあります。


主に眼の内側からのアプローチですから、眼への影響が出る方がいます。

当院は眼科ですので、術前術後、眼へのフォローを合わせてすることができます。

年齢とともに誰でも下がる瞼ですが、瞳孔にかかってしまいますと額の筋肉を使ってあげようとします。

するとその緊張は眼精疲労の原因になり額や眉間に深いしわを作ります。

もちろん、ドライアイや緑内障が隠れている可能性もあります。

瞼が下がってつかれる、そんな症状が気になる方はご気軽に相談ください。

副院長が担当しておりますので来院前にクリニックまでお問い合わせください。

03-6424-8321

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

春の新しいバックが完成しました。

もちろん、刺繍作家森れいこ先生のセンスです。

「春のお出かけバック」はその名の通り持つだけでウキウキできそうです。

DSC_2249






























完成♥

DSC_2257
QRコード
QRコード