緒方眼科クリニック|蒲田駅近く

東京都大田区、蒲田駅近くの緒方眼科クリニックです。 日帰り白内障手術からコンタクトレンズの処方まで。 目のことはお気軽にご相談ください。

美容

第1回 医療アートメイク学会総会

本日、品川にてアートメイク学会が行われました。

IMG_20170129_220801














































アートメイクは医療行為です。

なぜなら医学的知識がないと患者さんに不利益が生じる可能性があるからです。

今回の学会では海外での集団感染やアレルギーを起こした症例などを実際にアートメイクを手がける医師、看護師で共有することが出来ました。

日本はいままで刺青の文化が一般的でなかったため海外に比べて遅れています。そのためすべての色素や針などの備品は海外からの輸入に頼っているのが現状です。

患者さんに安心して受けて頂くためには純国産の安全な色素や針を作製していく必要があります。

実際に模造品が出回ったり、アメリカ製でも成分に問題が生じリコールされる事例があるからです。

ご興味のある方はこちこちらをご覧ください。

今後もこうして色々な症例の検討がされ、皆で共有し更に安心安全なアートメイクを提供できるようになっていくと思います。


メークアップ理論はメークアップアーティストの田村俊人先生です。

ナチュラルメークを得意とする先生でテレビや雑誌で活躍されています。

最近のトレンドや女優さんのメイク法など普段垣間見ることのない話が聞けて興味深々。


DSC01030

DSC01024






































黒目を大きく見せる技は20代と40代以降では異なるのでそれぞれのメイク法には納得。

自然に見えるアートメイク、お化粧(デザイン)が生きるアートメイク、ちょっとした違いで大きく変わるメークの話は
もっと聞きたかったです。


最後は眉下皮膚切開とアートメイクの併用の手術を学会会場と手術室のライブ中継で見ました。

術者の池田先生の手術はお見事でした。

DSC01043




















演者の先生方、貴重なお話有難うございました。


















鼻あてのないサングラス

先日、勉強会の時に見かけたサングラスをご紹介しますね。

鼻あてが無いのです。

その代り頬骨で固定します。

下を向いても落ちないし鼻あてが無いことで汗をかいてずれることもありません。

慣れないとちょっと変な感じですが、いわゆる眼鏡の跡が付かない事、エクステがレンズに触ることがないので便利かもしれません。

DSC_1484





























この白い部分が滑り留めです。

美容皮膚科(眼科じゃない😢)の先生とのコラボ商品でシミができにくい、ブルーライトカットそして安心の日本製とのことです。

詳しくご覧になりたい方はこちらをご覧ください。





眉の流行


この夏のファッション雑誌の表紙です。

DSC_1087



























直線的でしっかりとした眉です。

数年前のお写真と比べてみると違いますね。

DSC_1091



























こちらは少し眉が細くて眉山を強調しています。

細いアーチ型の眉はエレガントな印象ですが、一歩間違えると老けて下膨れの顔に見えますので40代以降は要注意です。

アンチエイジングメイクアップ講座でも「皆さんすでに十分エレガントですからね、眉山は眉尻に少しですからね。」

と強調していました。


こちらも最近の鈴木保奈美さんですが

DSC_1088




























よく見ると眉山の下に茶色が足されていてより直線的な眉になっています。

若い女の子の雑誌はナチュラルな太眉が全盛で、同様ではありませんが、アラフィフ雑誌も時代と共に眉の形も変わっています。

一般的に言っても、細くアーチ型の眉よりも直線的で少し太目のしっかりした眉の方が若々しく活動的な印象になります。

以前太眉が流行した時は、ちょうどバブルの頃でしたね。

yjimage












こういう感じ懐かしい(笑)。

この、前髪にソバージュの人もいましたよね。口紅はディオールの477番付けて。


こちらはそのころの雑誌です。

DSC_1213



























顔のアップではありませんので、わかりにくいですが眉は太くてしっかりしています。

それはそうと、このころはシャネルスーツにも肩パットがしっかり入っていますねー。

時代は繰り返すと言いますが、また肩パットが流行るのかしら??

肩パットだけは抵抗があります。そういう私もあの当時テリーミュグレーやノーマカマリ着てました(汗)。

こちらは懐かしい小林麻美さん


DSC_1215



























やはり、眉は太めです。

自然なままの形で黒々、ふさふさしていますね。

平成の太い眉はもう少しふわっとフラットなイメージです。

手を入れてあるので、同じ太眉でも洗練された印象です。


m_70201669_1[1]














好景気と眉の太さは関係すると言われ、景気の期待感が眉を太くするという人もいます。

女性の強くなりたいという潜在的な願望の現れだとか。


昨日眉をアートメイクをしたスタッフが朝早速様子を見せに来てくれました。

雰囲気が変わってとても嬉しそう。

1mm眉がしらを出したり、眉尻を変えるだけで雰囲気が変わります。

綺麗度が上がること間違いありません。

皆さんも是非トライしてみてくださいね。

QRコード
QRコード