今日は右目のみ手術を希望されました。

今回のように片眼の手術を受ける場合の注意点として、
へリングの法則と言って、片側の眼瞼下垂を手術した後に下垂のなかった反対側のまぶたが下がることがあります。

これは、まぶたを引き上げる眼瞼挙筋は脳神経の中の動眼神経による支配を左右のまぶたとも同時に受けています。ですから、下がっていた側のまぶたが手術で修正されると、脳が「もう頑張ってまぶたを引き上げなくていいよ」と指令を出し、まぶたを引き上げる力が弱くなり、よって、反対側のまぶたが手術前より下垂することになるのです。

術前右目の瞼が下がっています。

IMG_9751







術後
右目ははっきりしましたが、少し左眼の二重の幅が広くなりました。


IMG_9754






眉毛をみて頂くと左が上がってしまっています。このように左眼瞼を無意識に上げている状態です。

もちろん左眼もすぐに手術可能ですが、少し様子をみたいと思います。

こちらの患者さん、翌日には左右差が気にならない程度でしたので手術はせずに様子をみることになりました。(追記)

お写真のご提供ありがとうございました。