今日はゼオスキンの最も特徴的なプログラム

Therapeuticセラピューティック~治療~について説明いたします。

前回ご説明しましたように、
トレチノインの働きは
皮膚のターンオーバーを促進し

シミの原因のメラニン色素を外に出してくれます。

この時に皮膚は発赤、落屑を繰り返していきます。

特に最初は明らかに顔が赤くなり落屑時は黒い服を着ていると胸元にフケの如く薄皮が落ちている、なんて事態になります。

でも、その反応も徐々に収まって反応も出にくくなっていきます。

肌がトレチノインに馴れてくるんです。

そして、同時に強力な美白剤であるハイドロキノンを入れていきます。

ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤です。メラニン色素を合成させないようにするお肌の漂白剤です。

治療の期間は12~18週ですが、個人差はありますが発赤が最も強く出るのは最初の1か月ほど。
ここできちんと頑張れるかが効果のカギになります。


今回私は初めてまだ1か月ほどですが、シミが薄くなり肌の触った質は確実に変化していきました。

こちらが治療に使用するハイドロキノン入りの化粧品になります。

zeo7




















ミラミンとミラミックス。ミラミックスがハイドロキノンと混ぜる時に使用します。

次にトレチノイン

IMG_8467




















これら以外に専用のローションや洗顔せっけん、保湿剤、をプラスしていきます。

なるべく少ないラインナップでトライできるようにご相談に乗りたいと思いますが、

洗顔フォームのフォーマクレンズは洗顔後もとてもしっとりしていて、経過中私が一番つらかった肌の突っ張りを緩和してくれますし、化粧水のバラトーンもPHが低いので最も反応が出ているときはヒリヒリしみて使えないものの、軽くふき取るだけで不純物を取り除いてくれ使用感がとても良いので今後も使い続けたいと思うアイテムになりました。

トータルで揃えるのは最初に少し経費がかかりますが、機能的も使用感もとても良いのでお勧めできると思います。

ニキビ肌の方にもお勧めです。

次回は実際の私の治療経過のお写真をお見せいたします。