金環日食が来週の月曜日に近づいて来ました。

ちょうど朝の忙しい時間ですがお天気に恵まれれば、太平洋側だけですが我が国の70%が居住する範囲で楽しめるそうです。

テレビや雑誌で事前の啓発活動が行われていますが、じかに太陽を観察することによって目の異常を訴える患者さんの発生が危惧されます。

金環日食とはいえ、眼障害を起こすに十分な光量があります。

日本でも過去の日食時に症例報告がなされています。

特に双眼鏡、望遠鏡の使用は絶対にやめてください。

安全な方法で観察してくださいね。

安全に観察する方法はこちらのウェブサイトを参考にしてください。

沢山出回っている日食観察グラスの中には粗悪なものがあるようです。

室内の蛍光灯にかざして形がはっきり見える製品は危ないですからそのようなメガネは使用しないでくださいね。


あと、使用済みの日食メガネですが、こちらは捨てないでください。

今度は6月6日に「金星の太陽面通過」が日本各地で観察できるそうです。こちらは8年ぶりですが次回は105年後だそうです。

こちらも見逃せませんね。