今日は眼鏡による進行予防について書いていきます。

1. 累進屈折力レンズ

これは、早い話が遠近両用眼鏡です。

えっ??子どもに?子どもがかけるのですか?

そうなんです。累進眼鏡によって近方を見るときに、凸レンズが加わるようにすることによって以前お話しした調節ラグを少なくするのです。

この抑制効果の初めての報告はLeungの1999年でした。

結果は-0.29Dとなかなかの結果でしたが、その後Shih2001年、COMET2004年こちらはアメリカで多施設の約500人の6~11歳の子どもを対象に+2.0D負荷の累進レンズ装用群と通常の単焦点レンズ装用群を3年間調査を行うクリニカルトライアルでした。
結果は-0.07D、その後も2008年Hasebe岡山大学、結果-0.11D、更にその後の報告のメタ解析を平均すると抑制効果は年間-0.14D、眼軸長は-0.05Dでした。

これらの結果より、臨床現場において実際推奨されるものではないと岡山大学の長谷部先生も言われています。

理論上効果を期待された累進屈折力眼鏡でしたが、残念ながらこのような結果から私は診療で子どもには勧めしていません。

累進眼鏡というのは、単焦点眼鏡よりお値段も高いですし、ましてや成長期でこまめに替えるには経済的負担もあると思います。


2. 低矯正眼鏡

1965年所先生の報告以来低矯正眼鏡は近視を抑制すると言われていました。

しかしChung2002年、Adler2006年これらの報告ではむしろ逆効果という残念な結果が出てしまいました。

原因は明らかになってはいませんが、網膜像がぼやけてしまうこと自体が眼軸伸展のトリガーになっている可能性もありますし、母親の立場から考えても、遠見時にぼやけてしまうため目を細めてしまう癖をつけるのは避けたいと思います。
 
以上のように、今のところ眼鏡による近視進行予防は確立されていません。

ただ、知っておいて頂きたいことは過矯正の眼鏡は近視を進行させる可能性が高いことです。

眼鏡をかけると近視が進むという誤解が昔からあります。

これは、違います。

適正なその子に合った眼鏡を処方してあげることが大切なのです。