眼瞼下垂とアートメイクの緒方眼科クリニック|大田区蒲田駅近く

東京都大田区、蒲田駅近くの緒方眼科クリニックです。一般的な眼科診療に加えて、保険/自費での眼瞼下垂手術や、眉などへの医療アートメイクを行っています。

2020年09月

東京都大田区 緒方眼科クリニック
〒144-0051 東京都大田区西蒲田5-20-3
(JR蒲田駅西口から徒歩4分)
TEL:03-6424-8321
公式サイト:https://ogataganka.com/

眼瞼下垂手術:https://ogataganka.com/menu/ptosis.html
医療アートメイク:https://ogataganka.com/menu/medicalartmake.html

マスクで肌荒れしていませんか? 肝斑の劇的改善


 毎日の日常となったマスク。
皆様快適にお使いでしょうか。
酷暑は過ぎたとはいえ、まだまだ暑さや蒸れによる不快感ありますよね。
そして息苦しさ。
しばらくはウィズコロナ。少しでも快適に過ごしたいものです。

巷では、マスクの不織布が顔の肌と擦れることによって頬や顎にトラブルが出たり、
蒸れてアクネ菌の増殖による吹き出物、汗による炎症などを起こしている人が増えているようです。

マスクを清潔に保つことに加え、サイズ素材を見直して擦れにくくしていくことをお勧めします。

特にこれから秋になり空気も乾燥してきます。すると肌のバリア機能が低下してさらに肌荒れを起こしやすくなりますからご注意くださいね。

こちらの方は50になられたばかりの女性。肝斑が両側の頬に広がっています。

始めにぬり薬による治療をお勧めしましたが改善せずトラネキサム酸の内服治療を行いました。

肝斑の治療は短期間ではよくなりません。そこを踏まえてじっくり焦らず様子をみていくことが大切です。
レーザー治療やぬり薬の再開という方法もありましたが、こちらの方は内服のみで治療を継続していきました。

内服前

P1040322

















P1040321















トラネキサム酸内服 6か月後

P1050247











P1050243













とても綺麗になりました!もちろん修正もお化粧もしていません。
トラネキサム酸がとてもよく効きました。



レーザーやぬり薬を追加したほうが早く良くなったのかも知れませんが、この方は内服のみでここまで改善。ぬり薬で改善しなくとも通って下さりしっかりと内服を続けて下さったからです。
内服も半年でいったん終了としました。

治療に時間がかかるものはお互いの信頼関係が何より大切だと再認識しました。

トランサミン内服1か月3000円です。

お写真のご提供ありがとうございました。201010291635563b4








眉下切開術後の傷の経過 50代60代女性


眉下切開は眼瞼の薄い皮膚を温存できるので私は個人的にとても好きな手術です。
私もいつかはやってほしくなる時が必ず来ると思います。(( ´∀` )

50代と60代女性の眉下切開術後の傷をご覧ください。

通常術後の抜糸は1週間ほどで行いますが眉下切開は10日から2週間みて頂きます。

眉下切開は外縫いを連続縫合で仕上げます。
お写真は抜糸直後のため、ナイロン糸の食い込みの跡が見えますがこちらはすぐに無くなります。

お一人目はアートメイクをされていて、その直下に切開をしています。

クリックすると拡大できます。

抜糸直後

NAVIS_PIC-179











約2週後、術後の傷はかなり綺麗になっています。

同じく抜糸直後

P1050230













P1050237












アートメイクがあるとさらに傷が目立ちにくいですね。

次のお二人目は片眼のみ手術をされました。

抜糸直後

NAVIS_PIC-176











こちらも抜糸直後のためナイロン糸の食い込みあとがあります。そのため凹凸があるように見えますがすぐに無くなります。
P1050218









経過良好です。



眉下切開

保険診療の場合の手術の料金
片眼 1割負担 6,070円 3割負担 18,210円 
両眼 1割負担 12,140円 3割負担 36,420円

自由診療の場合
片眼 90,000円 両眼180,000円 税込み (初診料2,000円と再診料1,000円別途)

眉下切開リスク
内出血、腫れ、縫合不全、ケロイドなどの傷跡、感染、左右非対称、上眼瞼の引きつれ
額の下がりに伴う眉根部の横皴、眉と眼の距離短縮に伴う顔貌の変化

副院長が担当いたします。診療時間内にご予約をお願いいたします。
(お気軽にご相談くださいね)

お写真のご提供ありがとうございました。20111227071818d89


   
















記事検索
QRコード
QRコード