眼瞼下垂とアートメイクの緒方眼科クリニック|大田区蒲田駅近く

東京都大田区、蒲田駅近くの緒方眼科クリニックです。一般的な眼科診療に加えて、保険/自費での眼瞼下垂手術や、眉などへの医療アートメイクを行っています。

2019年04月

東京都大田区 緒方眼科クリニック
〒144-0051 東京都大田区西蒲田5-20-3
(JR蒲田駅西口から徒歩4分)
TEL:03-6424-8321
公式サイト:https://ogataganka.com/

眼瞼下垂手術:https://ogataganka.com/menu/ptosis.html
医療アートメイク:https://ogataganka.com/menu/medicalartmake.html

40代女性 ハードコンタクトレンズ長期装用による眼瞼下垂 

こちらは40代女性 ハードコンタクトレンズ長期装用による眼瞼下垂の方です。

瞼の裏側からの皮膚を切開しない方法で手術を行いました。

手術前のお話で、術翌日の戻りを加味して少し過矯正気味に仕上げますとお話をしています。

手術中に片眼ずつ術後の仕上がりを患者さんに確認して頂き、手術を終了いたしますが、いきなりびっくり目になるわけですからちょっと心配になるのは当然だと思います。

今回右眼からの手術でしたが、開いた右眼をお見せしたところ「先生、心配なのでもう少し戻してください」と言われましたので、やはり過矯正をお勧めしましたが、結局縫合をかけなおして手術を終了いたしました。

翌日診察では異物感を軽度感じる程度で経過良好でしたが、患者様から

「やっぱり先生の言われる通り過矯正で終われば良かったと思いましたので、このことをブログに書いてください。今度手術を考えている方の参考になるはずです。」そのように言ってくださいました。

こうやってみず知らずの人のためになればとお写真を提供くださいました。

とても素敵な方ですね。そしてお写真を提供してくださった他の方もそういう気持ちでお写真を掲載させて下さるわけです。

改めて謹んで皆様に感謝をせずにはいられません。



術前、術直後、翌日のお写真を順に

術前










1407573565cc61bc4e38f4-resize









もういちど







もう少し右眼は開きが欲しいところですが、決して左右のバランスは悪くないと思います。目の疲れや、額の皴も軽減してくれると良いですね。

T様、充実したゴールデンウイークをお過ごしください。

皆様にとっても良きことがたくさんありますように。







アートメイク60代女性 時短のためにアートメイク

60代女性の眉のアートメイクです。

日々の眉を描く時間が大変なのでアートメイク希望されました。

最近思いますが、60代でもとても美しい方が多いと思います。

70代でも綺麗にネイルをされているとか。とても素敵です。

この方もとても可愛いネイルをされていました。

そして笑顔。優しい声。

私も歳を重ねるほどにそういったことを忘れずに心がけしていきたいです。

話が脱線いたしました。(笑)

ご自分のメイク

IMG_0074














お上手だと思います。メイクオフの画像を取り忘れてしまいました。眉はほとんど眉頭のみの状態でした。

アートメイク後

IMG_0090













サイドから

IMG_0093













IMG_0094













とても気に入って頂けました。終わって直後のため少しまだ出血が滲んでいます。

今回は1回目ですので次回追加する予定です。

お写真のご提供ありがとうございました。

アートメイクは2回で7万円です。(初診料2000円 再診料1000円 別途かかります)

副院長が対応いたします。








眼瞼下垂の勉強会 第7回オパールの会

この週末は眼形成の勉強会に参加しました。

20190415_101438907_iOS



































講演1 機能的疾患に対する美容医療  オキュロフェイシャルクリニック東京
    河村真美先生

現在ヒアルロン酸注入はどこの美容外科でも行われている一般的な施術ですが、こちらのクリニックは通常のヒアルロン酸注入に加えて顔面神経麻痺の治療を積極的にしています。

顔面神経麻痺の患者さんに対するヒアルロン酸注入は、今まで仕方ないと諦めていた麻痺による顔貌の変化を改善することが可能です。
顔面神経麻痺になると顔貌の著しい非対称を生じます。
治療の原理はヒアルロン酸を動きにくくなった表情筋の下に入れて筋肉の動きをアシストして、麻痺のない方は表情筋の皮膚側に入れることにより両側の筋肉の動きのバランスをとってあげます。
手術ではなくヒアルロン酸の注入ですから気になるダウンタイムがほとんど無いこともとても良いですね。

懇親会の時に参加されていた知り合いの女医さんが、こちらのクリニックに紹介した患者さんのビフォアフタの写真を見せてくださいました。ここでお見せできないのが残念です。自費にはなってしまいますがひとつの方法として患者さんに提案したいと思いました。


講演2 眼科局所麻酔における針と麻酔の大切な話 ツカザキ病院 
    眼科 野口三太郎先生

こちらの先生のクリニックではほとんどの硝子体や眼形成の症例で笑気麻酔を使い患者さんの疼痛軽減に工夫していらっしゃいます。その他、注射針も34ゲージを使用など大変勉強になりました。
既存の麻酔よりもっと患者さんにとって有益な方法を。常に改善する姿勢は素晴らしいと思います。

講演3 日帰り全身麻酔によるDCR+Jones tubeを使ったCDCR 
    オキュロフェイシャルクリニック東京 鹿嶋友敬先生

都内に数多あるクリニックで眼科日帰り全身麻酔対応できるクリニックはほとんどありません。
もちろん、局所麻酔にも最新の手術をされています。


DCRの手術も大変勉強になりました。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

銀座で人だかりが。

なんとにゃんこでした。



20190414_052343697_iOS



























































livedoor 天気
記事検索
QRコード
QRコード