緒方眼科クリニック|蒲田駅近く

東京都大田区、蒲田駅近くの緒方眼科クリニックです。 日帰り白内障手術からコンタクトレンズの処方まで。 目のことはお気軽にご相談ください。

2016年03月

切らない眼瞼下垂手術について

「切らない眼瞼下垂手術」という手術方法が美容系クリニックで紹介されています。

こちらは、皮膚を切開しないで、瞼の裏側からのアプローチ方法です。

泣いただけでも腫れてしまう瞼にメスを入れるということは、相当腫れることをことを覚悟しなくてはなりません。

どのくらい腫れるかは個人差がありますし、どんな名医がやったにしても麻酔の針が血管にあたり術後内出血することだってあります。

ですのでこの瞼の裏側から手術は、ダウンタイムが圧倒的に少ないというメリットがあります。

今日はその施術例をご覧ください。

術前

左目(向かって右が下がっています。)今回は左眼のみ手術をいたしました。

IMG_6498











術直後

IMG_6503












短い手術時間で皮膚を切らずにここまで改善していますし、翌日もほとんど腫れることはありませんでした。

ご主人様から「ずいぶん可愛くなったなあ」と言われたと笑いながらおっしゃられていました。

とても患者さんに喜んで頂けたのはこのお写真を見て頂けますと一目瞭然だと思いますが、やはり適応やメリットデメリットがあります。


主に眼の内側からのアプローチですから、眼への影響が出る方がいます。

当院は眼科ですので、術前術後、眼へのフォローを合わせてすることができます。

年齢とともに誰でも下がる瞼ですが、瞳孔にかかってしまいますと額の筋肉を使ってあげようとします。

するとその緊張は眼精疲労の原因になり額や眉間に深いしわを作ります。

もちろん、ドライアイや緑内障が隠れている可能性もあります。

瞼が下がってつかれる、そんな症状が気になる方はご気軽に相談ください。

副院長が担当しておりますので来院前にクリニックまでお問い合わせください。

03-6424-8321

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

春の新しいバックが完成しました。

もちろん、刺繍作家森れいこ先生のセンスです。

「春のお出かけバック」はその名の通り持つだけでウキウキできそうです。

DSC_2249






























完成♥

DSC_2257

眉頭を下げて自然なカーブに

本日アップさせて頂くS様

優しい雰囲気の素敵な方です。

IMG_6466









最初にお会いした時、眉は綺麗に描けていますが、眉尻に目が行きます。

そう、眼頭より眉尻が下がっていますので、全体的に下がった雰囲気になるので

「もったいない!」と思いました。

サイドから見て頂きますと、真っすぐ平行眉が眉尻に向かい細く下がっていきますね。

IMG_6467









メイクオフ

IMG_6476










目と眉が離れていらっしゃると雰囲気としては優しい、おっとりとした人の好さそうな印象になります。

反対に眉と目が近くなると強い印象になります。(例えば柴崎コウさん)

今回は緩やかなアーチ型を作るため眉山の位置をを高くしますと更に目と眉の距離がでてしまい、不自然な印象でしたので、眉がしらを少し下げることによって相対的に眉が自然に上がるようにデザインいたしました。

デザイン後、全体的に少し太さを出して目とバランスを取っています。
目尻に視線か行かなくなったことと、眉頭を下げた事で自然に鼻筋が通って見えるようになったと思います。

IMG_6486




















今回のアートメイク後


IMG_6493










デザインより、少し細いです。(施術中赤味、出血が少し気になったのでここで終了。)

メイクオフと比べて見てください。綺麗なアーチ型に近づきました。

ここから次回追加していきましょう。

サイドからビフォアフターで見てみましょう。

IMG_6467









IMG_6491










IMG_6468









IMG_6492 (2)








違いが分かりますか?

長い眉はお顔の余白が少なくなるので小顔効果はありますが、長すぎると古い感じになりお顔全体のバランスも悪くなります。

下がり眉を解消して眉がしらを下げ、少しアーチ型に。正面からはわかりにくい少しの違いですが、お顔全体で見ると結構違います。

「化粧室で見てきましたけど、違いますね~。とても良いです♪」

と喜んで頂けました。

私も嬉しいです^^。素敵だと思います。


2回目更に綺麗にしていきましょう。お目にかかるのを楽しみにしています。

追加の様子もアップいたします。

快くお写真をご協力頂きましてありがとうございました。















































化学療法の前にアートメイクを。

抗ガン剤治療中、脱毛が起こるのはよく知られていますが、そんな時アートメイクが役立つことは意外と知られていません。

皆さんウィッグを付けたり、お帽子をかぶっていらっしゃいますが、患者さんがおっしゃるのは、まつ毛が無いっていうのはこんなにも顔の印象がが違うのですね。ということです。

ウィッグで髪が整っていると余計に目元が目立つのだと思います。

化学療法の前はなかなか想像できないと思いますし、眉毛睫毛がどうとかそれどころではないとは思いますが、外出時にゼロから眉を描くのは大変なことですし、アイラインはさらに難しいと思います。

今のアートメイクの染料は以前と異なり鉱物系ではありませんのでMRI検査にほぼ支障はありません。

こちらの方は以前ご紹介いたしましたが、白髪交じりの眉毛が気になりアートメイク後に全て剃ってしまいました。

IMG_6447


















昔と違って今のアートメイクはたとえ自眉が無くてもとても自然なことがお分かりいただけると思います。

アイラインもこの方は下のみですが、参考にして下さいね。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


先日、昔からある近所の公園がテレビに出ていました。

タイヤ公園。その名の通り廃材のタイヤを利用した公園でちょっと高くて幅の広い滑り台が子供たちに人気なんです。


そんなただの公園が「東京でイケてる公園」と紹介されていました。

見方が変われば変わるものです。

DSC_1925
















投稿がきっかけなんですね。

DSC_1923















DSC_1929















どこの国にもありそうですが

DSC_1931















こうゆう価値観が世界に広がるっていいですよね。

消費すること、目先の新しいことよりものを長く大切に使うこと無駄をなくすこと

そういう事がカッコいい、クールな世の中になって欲しいです。






















QRコード
QRコード