緒方眼科クリニック|蒲田駅近く

東京都大田区、蒲田駅近くの緒方眼科クリニックです。 日帰り白内障手術からコンタクトレンズの処方まで。 目のことはお気軽にご相談ください。

白内障手術システム「Centurion」導入しました。

最新鋭の白内障手術機器 「Centurion」を導入しました。


こちらのマシーンはALCON社から昨年発売されたばかりなのですが、デモの機器を使用した院長がその安定性し感動し即決で購入を決めました。

実際に使用すると今までとは格段に手術がしやすいようです。


こちらは手術の様子です。


IMG_20150107_104352





























そしてこちらが当院のCenturionくんです。

IMG_20150107_104403





























機械って不思議なもので、故障しないでねって大切に使っていると良く働いてくれる気がするのは私だけでしょうか。今まで良く動いていたのに、新しい機械を買う話が出た途端に今まで普通に使っていたのに調子が悪くなるとか。

Centurionくん、よろしくね♥。と声をかけました。

白内障手術の時間は約10分ですが、手術を受けられる患者さん一人一人に院長から丁寧に時間をかけてお話をしております。


そして抜かりない準備があってこその10分なんです。

今後も更に安定した手術を患者さまに提供出来るよう努めて参ります。

最近の近視治療「アトロピン点眼」始めます。


以前にもブログで書きましたように、アトロピン点眼で近視進行予防効果があることがわかってきました。

当時はまだまだ一般的な治療ではありませんでしたが最近は治験が行われたり開業医でも少しずつ治療を取り入れて検証がされてきています。

当院もこの低濃度アトロピン治療を始めます。

そもそも1%アトロピン点眼は本来子供の目の調節を完全に麻痺させ、

屈折検査を行い斜視弱視の治療に使われる一般的な点眼薬です。

この点眼薬が眼軸長の視覚制御にかかわる神経伝達機構に作用して

眼軸長の伸びを抑制できることがわかりました。(眼軸の伸展=近視の進行)

近年近視の子供が増加している台湾などでは一般的にされている治療です。

心配されるのは散瞳などの副作用(1~2週間瞳孔が開きっぱなし)でしたが、

100倍希釈と濃度が薄く問題になることはないようです。

こちらを1日に1回時間を決めて点眼してください。

学校で近視を指摘された小学生で特に両親が近視のお子様などが良い適応です。

眼軸伸展の予防ですから、中学生や高校生でなるべく近視を強くしたくない場合もお勧めいたします。

ですが眼鏡が外れるようなことはありませんので過度な期待には答えられません。

1本5cc(約100滴)で両目で50日分になります。

冷蔵庫での保存をお願い致します。

処方前後に眼圧、瞳孔の大きさ、眼軸などを検査いたします。

この治療の欠点は効果をなかなか実感できない点だと思います。

ですがお子さんの10年20年後を考えて無理のない範囲で治療を続けていくことをお勧めいたします。




「デイリーズトータルワン」 発売のお知らせ

Alcon社(チバビジョン)の次世代シリコンハイドロゲル素材コンタクト「デイリーズトータルワン」発売になりました。


当院のソフトコンタクトレンズは低含水高酸素透過性のシリコンハイドロゲルが主流ですが、この10月より1日使い捨てのラインナップに「デイリーズトータルワン」を扱うことになりました。

このレンズは従来のシリコンハイドロゲル素材と違い、レンズコアと表面でそれぞれ異なる含水率となるように設計されています。

それによってレンズの高酸素透過性に高含水率性も両立させ、これまでに経験したことのない快適なつけ心地を実現したそうです。

そして、表面にシリコンが無いことで脂質の汚れが付きにくいそうです。

お化粧をするとどうしても汚れやすくなるのでこの点も優れていると思います^^。

製品開発期間に10年費やしたそうですし、アメリカでは高評価と前評判高いです。


IMG_20140922_164212













欠点として優れた湿潤性のため、コンタクトを外すのに手が滑ってしまうという声もあるようですがそれはさほど気になりませんでしたね。

心配な方には外し方のコツもお教えいたしますよ。

9e130d3a67884908921d5f95674e4683









パッケージはシックで落ち着いた印象です。

こちらのコンタクトレンズは10月からの販売になります。







QRコード
QRコード